一戸建てについて

一戸建てなりマンションなりマイホーム不動産を購入することは働く人にとって目標の1つです。よく一戸建てとマンションどちらが得なのかということが議論されます。しかし共通していることはどちらも住宅ローンの返済をしていかなければならないことです。不動産は非常に高価なため大半の人がこの住宅ローンを組んで購入し、長い年月をかけてローンを完済してはじめて自分自身の不動産とすることが出来ます。この住宅ローンの商品選びは非常に重要です。金利が少しでも異なると借入額が大きいため金額にすると新車が買えるほどのかなりの額の差が発生します。なのでどの住宅ローン商品を利用するのか各社の商品を十分に比較・検討する必要があります。

以前はマイホームと聞くと一戸建てをイメージする人が多かったのですが、今ではマンションも非常に多く建っており多くの人がマンションを購入しています。しかし一戸建ての人気は高いです。一戸建てのメリットは何と言っても上階下階や隣に他人が住んでいないため足音などの騒音になやまされないこと、土地も含め自分自身のものとできることが挙げられます。さらに庭もある不動産であれば自分の好きなようにガーデニングをしたり手を加えることが出来ます。またマンションと異なり修繕積立金や管理費、駐車場代の支払いがありません。但し家の修繕は自身でお金を積み立てて修繕・リフォームする必要があります。一戸建てに住んでいると隣人との付き合いが多いことも特徴です。